2011年3月11日 東日本大震災 被災地への支援の記録

2011年3月11日午後2時46分に東北地方太平洋沖で発生したマグニチュード9.0の我が国周辺における観測史上最大の地震でありました。

当時の当社社長が『何か支援できることはないか?』とこの地震の発生直後より思案していましたが、震災直後は当社において年度末に工期を迎える工事に全社一丸となって取り掛かっている最中であって、義援金を送ることぐらいしかできませんでした。

年度も明けて、北海道では工事も一段落し、普段では皆が遅い春のおとづれに合わせて1年の疲れを癒し、また新年の新たな工事への英知を蓄える時期がやってきました。発生から1ヶ月が過ぎ、被災地への交通手段も確保され、被災地にも支援物資の滞りが無くなった頃です。被災地ではまだまだ人手が不足していることより、当社では当時の梶浦常務を先頭に、林、西田、横川の4名が被災地へ向かいました。

東日本大震災被災地支援の記録 <南三陸町において>

RIMG0007RIMG0012RIMG0013
RIMG0014RIMG0021RIMG0022
RIMG0026RIMG0029RIMG0007
RIMG0038RIMG0039RIMG0040
RIMG0042RIMG0044RIMG0045

ページのトップへ戻る